2021Activities

Activity Plan/Report for 2021

■ 2021年次総会が実施されました。 (Web Meeting)


今年の総会はWeb Meeting (Zoom :IUのシステムを借用)で

7月3日(土)10:00-11:20(延長パートは11:35まで)
に会員22名の出席を得て実施されました。


I 総会 (General Meeting) 10:05-10:35 司会: 河口副会長(総務担当)

  1. 活動計画 (Activity plans)   服部会長
    > 活動計画(詳細下記)が承認されました。
  2. 会計報告 (Financial report)    小幡副会長(財務担当)
    > 令和2年(2020)度の会計内容が(詳細下記)が承認されました。
  3. 会長・役員改選 (Election of officers/directors) 服部
    > 役員改選 (詳細下記)が承認され、会長職が服部会長から花川新会長に移りました。 
      服部会長には14年の長きにわたりご活躍を頂きありがとうございました。

II  懇親会 (Communication Meeting) 10:35 – 11:20

  1. 新会長挨拶 (New president speech)   花川新会長
  2. 会員の現状分析と課題 (Chapter membership analysis/challenges)  河口
  3. 新会員のご紹介 (Introduction of new members)

  4. – 議論、ご意見 (discussion & comments )

■ 2021年次総会のご案内 (Web Meeting)

今年の総会はWeb Meeting (Zoom)で開催し、パソコン/スマホにインタ―ネット接続があれば何処からでもご参加頂けます。

参加はまだ間に合いますので、参加登録いただいていない同窓会会員は、

服部(yasuhattori@yahoo.co.jp)までメールでご連絡をお願いします。

当日のZoomへの具体的参加登録方法など詳細案内は、個別にご連絡致します。

Webでの開催故に、東京から離れた場所にお住いの会員各位との交流を図る好機であり、是非多くの皆様に気軽にご出席をいただければ嬉しいです。

 時 : 73日(土) 午前10-11時   ( 開場は9:50を予定しております。接続操作に不安のある方はお早めにご入場ください)

       記

日時:7月3日(土)午前10時-11時

方式:Zoom Web Meeting (開場9:50amから)

予定式次第:

I 総会 (General Meeting) 10:00  司会: 河口副会長(総務担当)

  1. 活動計画 (Activity plans)   服部会長
  2. 会計報告 (Financial report)    小幡副会長(財務担当)
  3. 会長・役員改選 (Election of officers/directors) 服部 

II  懇親会 (Communication Meeting) 10:20

  1. 新会長挨拶 (New president speech)   花川理事
  2. 会員の現状分析と課題 (Chapter membership analysis/challenges)  河口
  3. 新会員のご紹介 (Introduction of new members)
  4. 参加会員からの近況・ご要望 (Status/comments from members)

     閉会予定 11:00

※ 閉会時間は、状況により前後する事がある事をご了解願います。

※ 会議中の退室は、自由です。

                  以上

服部恭典 IU同窓会日本支部会長

■ 2021年度の活動計画

以下の文書 に一部訂正を入れております。2021.6 

2021年度活動予定のお知らせ  2021年 5月吉日                        IU同窓会日本支部会長 服部恭典 IU同窓会日本支部会員の皆様 コロナの収束が見通せない状況が続いておりますが安全にお過ごしのことと存じます。 昨年はコロナ禍で総会などの行事が開催できない中、支部では末永く財産となるような情報を掘り起こし発信することによる支部の魅力向上を目指し、HPの大幅な改善を実施しました。昨年11月に堤剛先生のインタビュー記事をふくむ新バージョンをリリースし、今年2月にHistory セクションの更新も完了いたしました。 旧バージョンに比べ画面の見易さも向上していますので日本支部HP(https://iuajapan.net/)をご覧いただければ幸いです。
  • 活動計画
今年の活動予定を以下にお知らせします 1. 2021年次総会(Web Meeting) 日 時 :7月3日(土) 午前10時-11時  今年の総会はWeb Meetingで開催します。東京から離れた場所にお住いの会員各位とも交流を図れる好機であり、新会員の自己紹介や有志会員の近況報告など会員相互の交流を促進する会になるよう準備する所存でおります。 式次第や参加登録方法など詳細案内はe-mailで6月初旬にお知らせします 2. IU Alumni Walking             10月9日(土)  3年ぶりに東京近郊のWalkingを再開します。今回は大泉学園~石神井公園コースの散策を予定しています。詳細は9月初旬にe-mailでお知らせします。 3. BIG10 Alumni 親睦ゴルフ会   10月16日(土) 今回はPurdue大学が幹事校です。詳細が決まりましたらe-mailでお知らせします。 4. 日本支部懇親会              11月頃 今年後半にコロナが収束すれば支部懇親会の開催を検討する予定です。
  • 年会費について
昨年度は136名の会員(前年比16名増)にご協力をいただきました。 毎年のご支援に感謝し御礼を申し上げます。なお今年の同窓会年会費2,000円については7月に送付の総会結果報告でお願いする予定ですので宜しくお願いいたします。
  • 2020年度会計報告    
会計報告書(案)はこの項目の下をご覧ください。 会費納入者の増加による収入増に加え、集会の中止などによる支出減により残高は1,096,609円(前年比236,005円増)となりました。
  • 同窓会役員改選について
私事になり恐縮ですが、2008年に日本支部会長を拝命してから13年経ち、年齢も後期高齢者となり支部の新しい課題への私自身の対応力に徐々に不安を感じるようになってきました。このため、昨年役員会に退任希望を伝え、次の会長候補の検討をお願いたしました。幸い今回花川理事に次の会長を引き受けて頂けることになりました。 日本支部役員会として下表の新役員人事(案)を提案させて頂きます。 新会長には花川理事(略歴は以下をご参照)が就任し、私は今年から理事に就きます。また今回原田貴司理事(‘01 Public Affairs)が退任されます。新理事として元理事の吉野(木村)まどか会員が就任します。他の役員の変更はなく新体制は以下の通りで、年次総会でご承認を賜りたく宜しくお願い申し上げます。 オフィサー(Officers) – 会 長: 花川 徹                 (’85 Business) – 副会長・会計: 小幡 恭弘 (’79 Business) – 副会長・総務: 河口 津慶 (’04 Business) – 副会長: 相羽 利昭     (’08 Law)  理事(Directors)         – 服部 恭典                      (’69 Business) – 鈴木 庸子                           (’69 Linguistics) – クリック、セサリー        (’72 History) – 鈴木 弘一                           (’83 Music) – 井原 久光                           (’84 Business) – 中垣 ひとみ                       (’95 Business) – 杉本 留三                           (’08 SPEA) – 吉野(木村) まどか             (’09 SPEA) – 神谷 賢一                           (’15 Business) – オスマン、ムハンマド     (’18 Business) 花川 徹氏の略歴
        • 1984-85  Indiana University B.S. in Marketing
        • 1989-1991 University of Illinois MBA in Finance
        • 2018-現在 日本支部理事
        • 職業   バンクオブニューヨークメロン証券(株)取締役
花川氏は日本支部理事としての各種の支部活動に積極的に参画・貢献されています。特に日本人学生の米国留学相談について豊富な知識と情報を持ち2019年に米国大使館主催の米国留学フェアへのIU初参加に尽力されました。

■ 2020年度の会計報告 (総会承認済み)

◆  2021年度の役員会開催   (Apr.14,2021)

4月14日(18:00-20:00)に役員全14名中8名の参加を得て同窓会の役員会が開催されました。

  1. 2020年の活動結果
  2. 2021年の活動計画
  3. 新役員候補
  4. 2020年度会計報告
  5. HPの制作状況
  6. 総会での報告内容案

について報告、議論、決議がされ、本年度の活動を固めました。

(写真を撮るときにはマスクを外しましたが、会議中はマスクをして距離を取り実施しました。)

IU International Student Fundの支援依頼   (Apr. 12, 2021)
- IU Day Campaign -         

動画再生

日本支部会員皆様へ

コロナ禍が続くなか安全にお過ごしでしょうか。

昨年に続きIU International AffairsよりInternational Student Fundへの寄付協力の依頼が来ましたのでお知らせします。

2020年はIU International Alumni Communityからの同Fundへの寄付金は$85,000となり、IU Office of International Serviceは大学の基金と同Fundを活用しコロナ危機により財政支援が必要となった約700人のInternational Studentに平均$500の緊急支援を提供することが出来ました(詳細は以下の参考資料をご覧下さい)。

なお、2020年の同Fundへの日本支部からの寄付金額は$3,100(9名)でした。ご協力頂いた会員各位に厚くお礼申し上げます。

今年はより多くの皆様にご支援をいただきたくご検討を宜しくお願いいたします。

寄附金の送金の手順:

以下のURLをクリックする

URL:  https://crowdfunding.iu.edu/international-student-fund

  1. 金額指定画面で25、$50,または$100を選択
  2. 名前、住所などの情報を入力しcheckoutを押す。
  3. Credit Card 情報を入力する。
本Fundingの詳細は、以下参考資料をご参照ください。
 
               服部恭典 IU同窓会日本支部会長
 

References(参考資料)

  1. Videos from past emergency student aid recipients: https://www.youtube.com/channel/UCjjVVWMVX0kaIyNuqSC0JZA.
  2. The IU Day Campaign for the International Student Fund (Status Summary) At IU Global, we believe in the value of a degree from Indiana University in any economy around the world. We also believe in the enduring impact of the relationships international students form while at IU, on our campuses and in communities like Bloomington, Indianapolis and around the state, with each other, their American friends, and with their neighbors and community members. This is what we would call a healthy international student environment. A healthy international student environment includes the assurance of earning a degree when the work is done well, the provision of quality services that are needed to live in the United States, and a community in which international students are welcomed and valued.
  • The global COVID-19 health crisis brought home that financial emergencies can happen to any of our students for many reasons. As a result of alumni generosity, we were able to help in excess of 700 students who were in immediate need, quite possibly saving their academic record and graduation. The crisis impacted many of our students, seemingly regardless of their background, country of origin, and financial security. We helped students whose parents’ business closed due to the financial pressures of covid-19 lockdowns and couldn’t meet their regular tuition payments. We helped students with their own medical issues, including COVID-19. We helped students who were stuck in the US, having to extend their stay with unanticipated cost for housing needs and technology; all things that a normally balanced and highly tailored budget would not include. And the fall-out was indiscriminate: we found students from all social strata and all countries to be affected: from those from the most prosperous families to those who pay their own way. Now more than ever, there is ample evidence that a safety net for all international students is a key asset in a healthy, lively international student environment.
  • As you know from personal experience, all students from outside the United States are required by the US government to have the means stay in the US for the duration of their time at IU. However, every year students, through no fault of their own, face unplanned financial emergencies that can make or break their graduation trajectory. A budget shortfall could mean that a bursar bill goes unpaid, the student is unable to register for the next semester, and as a result loses their visa status. At IU Bloomington alone, in non-pandemic years, we help 4-5 students a week with emergency scholarships of $500-$1,800. Each given year as many as 260 students from all over the world are provided with support to accomplish why they traveled all the way to the US; to get that highly recognized, highly valued degree.
  • IU has a proud tradition of supporting these students so they can continue to pursue their dreams through the International Student Fund. The International Student Fund is a lifeline for international students at IU who find themselves in financial trouble outside of their control. Since 2001, the Office of International Services has helped roughly 5,000 students with close to $6 million in awards. IU is committed to ensuring that students who make the extraordinary commitment to come to the U.S. to study can achieve their goals and finish what they started.  
  • In 2020, with the COVID-19 crisis hitting the international student population exceptionally hard, these requests skyrocketed. In addition to the normal volume, the Office of International Services helped about 700 international students with and average emergency scholarship of $500. An outstanding support effort from our international alumni community raised an $85,000 in funding that helped the university offset the roughly $400,000 that was spent in this area. At IUPUI, and the regional campuses, similar efforts helped many more students survive the challenges that were thrown their way.
  • We think now is the time to galvanize support around the International Student Fund, and make sure that coming crises are taken care off before they happen. You too have the ability to make a difference here. With over 70,000 living international alumni, collectively, we can make an enormous difference in the lives of our students, with relatively small individual investments. If 25% of international alumni around the world would give the equivalent of 25USD, we would raise more funding that we spent during the COVID19 crisis.
  • The gratitude which these degree saving scholarships engender in our students will benefit their communities at home, their families, and future generations of IU students. It is an often-told story that those who received help, give back later in life. We encourage you to sow those seeds for the future by making a small gift to the International Student Fund. Thank you for your support and thank you for being loyal alumni of Indiana University.